とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

本物の雪遊び。

ポチしてね♪ みんなで支える、しんちゃんの成長♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村






今年の日本はすごい大雪。私が日本滞在中も、連日ニュースで報道されていました。北海道だけではなく、日本海側などもそれはそれは凄い大雪で沢山の犠牲者が出ているし本当に大変です。

でも、子供は無邪気に雪の中を駆け回って遊んでいます。
札幌の幼稚園で、毎日にのように雪遊びを体験したさくら。幼稚園の先生も「さくらちゃんに、いっぱい雪遊びさせてあげたいと思います!」とおっしゃってくれ、すっかり雪にも慣れた様子。

手足をバタバタ動かして、スノウエンジェルを作ってます。
c0151122_43159.jpg


大人だと、「洋服の中に雪が入っちゃう。着替えなくちゃ。あぁ~、洗濯物が増えて大変。」とか「肌に雪がついたら冷たい。風邪ひいちゃう!」と思って、なかなか大胆には遊べないけど、子供はそんなの関係な~い。気にしませんっ。
c0151122_4345975.jpg


雪山をのぼったり、誰も足を踏み入れてない場所にもどんどん入って行き、随分たくましくなったさくら。
c0151122_53487.jpg



☆北海道でカルチャーショック☆
北海道を離れ、アメリカに来て既に13年???・・・日本へ里帰りすると、軽くカルチャーショックを受けたりします。今回受けたカルチャーショックをいくつか書いてみようと思います。


☆カルチャーショック・その1☆

北海道民は、冬、雪があっても普通に庭仕事に励む(笑)。・・・えっ?家の家族だけ?おまけに、切った木を持って行ってくれる知人が普通にいる。焚き火に使うんだとか。
c0151122_4541273.jpg


☆カルチャーショック・その2☆
北海道民は、冬はベビーカーが使えないので、そりに乗ってお買い物へ行く。そして、お母さん達は決まって「あ~、重たい。あ~、重たい。」と言いながらそりをひいている。私もやってみましたが、ほんとあれは大変です! スーパーの入り口には沢山のそりが立てかけられている。さすが雪国。
c0151122_4534854.jpg


☆カルチャーショック・その3☆
北海道民は、ひとシーズンに一度の大々的な除雪作業を心待ちにして興奮する(笑)。 雪が降ると、街のいたるところで除雪が行われますが、普段とは違う、大規模な排雪が行われる日。道路の両脇に雪が積み上げられ、狭くなった道路。道路にも雪が降り積もりガタガタ・でこぼこで運転するのも、歩くのも大変な雪国。

そんな北海道民の悩みを解決してくれる大規模な除雪がひとシーズンに1度行われるんだとか。この日の心待ちにしていた父は、数日前からウキウキ・わくわく。大きなブルトーザーでガーーーっと道路の雪を削り、ドドドドドドドドーーーっとダンプカーに雪をのせて持っていってくれます。迫力があって見てると楽しいです。・・・っていうか、あの除雪機に乗せてほしい(笑)。父だけじゃなく、近所のおばさん、おじさんも外にでて見てました(笑)。私も父に釣られて外に出てこの除雪見物楽しみました。これが終わると道路が広くなり運転もしやすそうです。除雪代ってすごくお金が掛かるんだそうで、雪国のみなさんも大変です。
c0151122_4483230.jpg



☆カルチャーショック・その4☆

北海道民は、米袋を使って手作りそりが作れる。私も初そり作り、やってみました!

☆カルチャーショック・その5☆
雪国のママ達は、子供が雪遊びをしても手袋がとれないようにするコツやブーツに雪が入らないための小道具を知っている。私も勉強させてもらいました。

[PR]
by Tenshiandmorphi | 2012-02-21 05:07 | 里帰り ’12

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi