とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

小さな声で、ちょっと照れながら「こんにちは」。笑

余りに久し振り過ぎて、ちょっと恥ずかしいです。笑

真冬だというのに、気がつけばブログのスキン(デザイン)は真夏の向日葵のまま。
今さら向日葵から雪だるまデザインに変えるのもなんなので、向日葵ちゃんのままでいきます。すみません、こんな私で。m(-_-)m

ブログ最後の投稿が積丹日帰りの旅。
あら、あれはかれこれ去年の6月末の出来事ですよ。 ほんと、すみません・・・こんな私で。( ̄▽ ̄)ゞ

今更ですが、それ以降も楽しい事や素敵な場所盛り沢山でしたので少しずつアップしていこうと思います。
まずは一番最近の事から、去年の7月までゆっくり逆のぼって更新していきます。

ではでは・・・emoticon-0159-music.gif

北海道の冬・・・
とっても、とっても長くて寒いので、冬に負けずにとびきり楽しんで雪国を満喫しようと、週末は忙しく飛回っています。

先週末は、ずっと行ってみたかった支笏湖氷濤まつり!へ行ってきました。
札幌中心部からのんびり山道をドライブする事1時間20分。
雄大な大自然に囲まれた、美しい冬の支笏湖がが出現します。

「わぁぁぁ~!!!なんじゃこりゃぁ???凄すぎるぅぅぅemoticon-0152-heart.gif 天モー、思わず叫んでしまうほどの美しい光景。
c0151122_2336247.jpg


ママが大興奮しているのに、さくらは雪が邪魔をしてその絶景が見えなかったらしく、「ずるい!さあちゃんにも見せて!」とぴょんぴょんうさぎちゃんのように跳ねていました。笑 

さらに進むと、さくらがママ、鹿がいるよ」と・・・。

「あっ、また鹿だ。あっ、また!あっ、まただ!」
とはしゃぎ始めます。

「ぎゃはは!うそぉ~?いくら北海道だからって、そんな都合よく鹿があちこちにいるわけないでしょ?」
・・・っと山の方をみるとあらびっくり!鹿だらけ。笑

ほんと、笑っちゃうくらい・・・余りの鹿の数に大笑いしちゃうくらい・・・。
信じられないかもしれませんが、100頭以上の野生のエゾ鹿がムシャムシャと木を食べていました。さくらが、「ママ、ここって山でしょ?動物園じゃないよね?」と聞くので、思わず「あれ?ここって動物園だっけ?」と思ってしまうような光景。すやすや爆睡中のしんちゃんにも鹿を見せてあげたいと思い、くすぐったり揺すぶったりほっぺつねったりしてみましたが全然起きないので、しんちゃん鹿を1頭も見れず、後でさくらから話しを聞いて「見たかったよぉ~」と泣く羽目に・・・。今度また見に行こうねemoticon-0152-heart.gif

そんなこんなでやっと支笏湖氷濤まつり会場に到着。
空気が澄んでいて本当に気持ちがいいよぉ~!!!冬の支笏湖最高!!!
c0151122_2358457.jpg


支笏湖の湖水を吹きかけて凍らせた大小さまざまな氷のオブジェが立ち並んでいます。日が暮れると、それが色とりどりにライトアップされてとてもキレイです。「規模は小さいんだろうな?さっぽろ雪まつりに比べれば、大したことないんだろうな?」と、正直あまり期待していなかったのですが、氷が作り出す世界がとてもきれいで幻想的でした。ただ見るだけではなく、氷の洞窟の中へ入ったり、氷の上を歩いたりと見応えがありました。
c0151122_0244699.jpg

c0151122_0245762.jpg

c0151122_0251198.jpg

c0151122_0253978.jpg

c0151122_0252672.jpg

c0151122_0264892.jpgc0151122_0271947.jpg











子供達が楽しめるスケートリンク、乗馬、氷の滑り台もありました。子供達、50回くらい滑り台やったかも。

c0151122_0352172.jpg

c0151122_0353221.jpg


冬の湖畔はやはりとっても寒いので、完全防寒でお出掛けした方が良いです。私達は、スキーウエアーの下にヒートテックとフリースを着て、足の裏はほっかいろ!厚手のスキー用手袋に帽子をかぶってほかほかだったので、寒さ知らずで3時間も遊びまくりました♪ジーンズに厚手のコートくらいだと、寒くて震えてしまうかもしれません・・・。いやぁ~、それにしても氷濤がとってもキレイだったし、本当に楽しくて充実した午後が過ごせました。







[PR]
# by Tenshiandmorphi | 2015-02-19 00:44 | とびきりLovely~北海道~
あれは・・・かれこれ6月の事です。(どれだけ遅れて投稿してるんだい!?笑)
ドライブを楽しみながら北海道の絶景が見たいっ!!!と思い、子供たちと一緒に積丹半島へ向かいました。

まずは腹ごしらえ。積丹と言えば「うに!」らしいので・・・
うには余り好きじゃないけど食べて見ました。
ふじ鮨 積丹本店にて生うに・いくら丼! ドーーーーーン!!!
c0151122_2471831.jpg


わお~!このうに全然生臭くない!甘くてとろ~り。うにってこんなに美味しい食べ物だったのぉぉぉぉ!?これま是非また食べたい。

さてさて、札幌から車で約2時間半。目的地に到着。
こちらは山。そして駐車場のわきにある、このトンネルを抜けると何があるのでしょうか。
c0151122_251396.jpg


トンネルの先には、積丹ブルーと呼ばれる真っ青な海。
なんてことでしょう!びっくり!これは絶景だわっ!
c0151122_2524664.jpg


c0151122_253587.jpg


下を見ると、小さな人がいっぱいいます・・・。
c0151122_2561320.jpg


「下まで行きたい!」と言う子供たち。階段を下れば海までいけるようなのですが、階段を上ってきた人を見るとみんな汗だくでかなりしんどそう。「抱っこなんてとてもじゃないけど無理だよ。下へ行っても戻ってこれなくなるから止めよう」と説得するも「絶対に頑張って階段上るから!」というので・・・じゃあ、行ってみましょうか。
c0151122_256477.jpg


どこまでも続く階段・・・「本当に戻れるんだろうか?」と不安を抱えながら下っていくこと15分。
c0151122_2584025.jpg


c0151122_2585271.jpg


c0151122_259135.jpg


見れて良かった、この絶景と子供たちの笑顔。
これて良かった、積丹。

階段ののぼりですが・・・それは、それは大変でしたemoticon-0141-whew.gif
さくらは汗だくで顔が真っ赤に。しんちゃんなんて、歯をくいしばって「うぅぅぅ、うぅぅぅ」と言いながら、半べそかきながらも文句言わずに上りきりました。

この後、神威岬という場所へ行ってみたかったのですが、積丹をもう満喫できたので帰る事にしました。
ちょっと遠かったけど、海がとってもきれいで行った甲斐がありました!!!
次はどこへ行こうか!?
北海道には、まだまだ行ってみたい場所がいっぱいあります。
[PR]
# by Tenshiandmorphi | 2014-10-20 03:07 | とびきりLovely~北海道~

夫婦旅~洞爺湖~

お久し振りです♪
みなさま、お元気ですか~?
日々の生活やお仕事に追われ、バタバタと忙しく過ごしている天モーです。

夏はブログ更新をしていなかった・・・。
札幌はもう朝晩は寒く、昼間も薄手のカーデガンが必要な季節となりました。
夏の間もあちこち遊びに行ったので、その思い出を忘れないよう少しずつブログ更新していこうと思います。
ブログを通して、北海道の素敵な場所をいっぱい紹介できたらいいな。

7月下旬、子供たちを実家に預けて夫婦で「洞爺湖温泉旅行」へ行ってきました。
洞爺湖は、北海道の南西部に位置するカルデラ湖です。
サイロ展望台からの眺め。あぁ~、空気が美味しい!
c0151122_12471280.jpg


近くのファームでソフトクリーム。お花もきれいだし、遠くに見える有珠山がまたいい。のんび~り。
c0151122_12475646.jpg

c0151122_1248465.jpg


洞爺湖観光船に乗り、中洲の島まで。静かだなぁ~。
c0151122_1248527.jpg


お次は有珠山ロープウェイ。小学校の修学旅行で来た場所です。北海道の雄大な風景が楽しめてただただのんびりお散歩タイム。
c0151122_12493387.jpg

c0151122_1250987.jpg


ホテルの部屋からの眺めも良かったです♪
夜は湖から上がる花火を楽しみ、のんびり温泉につかりました。
c0151122_12511515.jpg


子供と一緒なら、室内プールがあるサンパレスに泊まってもいいかなぁ。今度は子供たちも一緒に来たいなぁ。大自然の中でリラックスしてのんびりできた大人旅。その頃、子供たちはおじいちゃまおばあちゃまと水族館へお出かけしていたそうな。




[PR]
# by Tenshiandmorphi | 2014-10-02 12:53 | とびきりLovely~北海道~

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi