とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

国際結婚についてコラボ~!



←只今ランキング下がり中 応援ポチを宜しく~

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ←大好きなブログ仲間がいっぱい。是非見てみてね。

↑ ↑ ↑二つのランキングに参加中です
今日も遊びに来てくれてありがとう~!




今日はブログ友達と国際結婚記事のコラボで~す
コラボ仲間はさりすけさん、まーすぃーちゃん、yukaちゃん、みっくちゃんです。

さりすけさんは4人の燃えるお母さん!肝っ玉母ちゃん、番長、組長、色々なあだ名があるけれど、そのさりすけさんが語る国際結婚ってどんなのだ?→→→家族6人犬一匹、ロッキー山脈ふもと生活

まーすぃーちゃんは子育てに熱心な3人の男の子のママ。幅広い話題を提供するまーすぃーちゃんのブログにいつもひき込まれます。まーすぃーちゃんの国際結婚ってどんなのだ?→→→カリブリ!CaliBreeze♪

yukaちゃんは、北アイルランド人の旦那様を持つ、元気な男の子のママ。人情深いところが大好きです。そんなyukaちゃんの日本での国際結婚ってどんなのだ?→→→マクルア家の日常

みっくちゃんは1歳の可愛い女の子のママ。オーストラリアでネパール人の旦那さまと暮らしています。相手に期待しすぎずに自分が与える事も忘れない、そんなみっくちゃんのブログからは学ぶ事も多し。みっくちゃんの国際結婚どんなのだ?→→→オーストラリアでネパール人とあかちゃんと。



国際結婚についてのコラボと聞いて、どんな記事を書くんだろう???・・・と思ったんだけど、一番最初に思いついたのが、『国際結婚の真実・現実』
あはは~、でもこれじゃあ国際結婚が辛い事ばかりで暗いイメージよね。
全然そんな事はないんだけど、いざ結婚してみると国際結婚だからこその悩みも出てくるんですよね。

それで何を書こうか迷っていたら、さりすけさんが質問形式にしてくれました。
これは助かる&楽しい!・・・・っという事で、さっそくいってみましょう~


出会いは?

夫との出会いは、7年前のちょうどこの時期でした。私は大学卒業を翌年の春にひかえ、既に東京での就職も決まっていました。
そんな時、大学のクラスで夫に出会いました。
直ぐに夫にデートに誘われたけど、私は日本へ帰る気だったので、この人を好きになるわけには行かないと思い断わりました。でも本当はお互い一目惚れでした
周りの友達やそのクラスの教授にまで「二人が別ればなれになるのは悲し過ぎる。こんなに好き同士なんだから、一度でいいからデートしてみな。」と言われ、みんながそこまで言ってくれるのならとデートしてみました。
そしたらやっぱりはい!それま~で~よぉ~ 完全に恋に落ちました。ぷぷぷっ 青春でした。

結婚を決めた切っ掛けは?

これは夫からのプロポーズです。
私は日本へ帰り就職し、遠距離恋愛で頑張ろうと思っていました。運命の二人ならきっと最後に結ばれるはず・・・そう思っていました。
でも、夫は『離れるなんて絶対にだめ!運命を信じて賭けに出るなんて絶対に出来ない。絶対に離さない。僕を信じてついてきて欲しい、結婚しよう。』と。
今考えると、笑っちゃうくらいくさい台詞を言ってましたね 情熱ですね
私も散々悩みましたが、悩んで悩んでそれでも夫と一緒にいたいと思い結婚を決めました。

国際結婚をして良かったと思う瞬間は?

掃除、洗濯、料理、アイロン掛けを怠っても文句を言わない・・・それどころか、私が家事をしていると『家事なんて良いから二人で一緒にテレビを見よう。』と言ってくれるところかな?
結婚して何年経っても、子供が出来ても、夫婦の時間を大切にしてくれるところ。
家族が一番で夫婦でしっかり向き合ってくれるところ。

国際結婚をして「辛い」と思う瞬間は?

やっぱりそれは日本との距離・・・です。学生時代は夢にまっしぐらだったし、結婚当時もラブラブで寂しいなんて感じなかったけれど、子供が生まれてからはすごく辛い・・・。
日本とアメリカは離れていてもメールも電話もできるし、ブログをしたり動画を送ったり、スカイプで顔を見ながら話す事だってできる。
でも、さくらを頻繁に両親に会わせてあげられないのが辛い。大切な人の冠婚葬祭に出席できないのが辛い。大切な人の側にいてあげたいのに、いられないのが辛い。
やっぱりそういう時は辛いんです。きっと国際結婚をして海外に住んでいる他のブログ友達もみんな同じ涙を流していると思う・・・。

これから国際結婚をしようとしている人へのアドバイス。

う~ん、国際結婚でも日本人同士の結婚でも結婚後の日々の生活は夢ではなくて現実ですよね。
私達の場合は、育った環境の違い、宗教の違い、金銭感覚の違いなどでぶつかった事もあります。他にも、食生活、文化、マナーなど沢山の違いが悩みます。
アメリカ人の夫は、日本のお正月を理解してくれませんし、娘のお食い初めや初節句も私と同じ感動を味わってはくれませんでした。そういう一つ一つを乗り越えていく覚悟をして、夫婦でしっかり向かい合えたならきっと幸せになれると思います。

私は結婚今年で6周年ですが、まだまだお互いの事を学んでいる段階だし、ついこの前も一つの大きな壁を乗り越えてまたひとつ強い夫婦になれたと思います。
どんなにぶつかり合っても、喧嘩しても、お互いに「裏切らない裏切られない」そんな確信があるから一生一緒に暮らしていけるのかもしれませんね。

最後まで読んで下さってありがとうございます。
皆さんはどんな相手を結婚を考えていますか?どんな相手と結婚されましたか?
[PR]
by tenshiandmorphi | 2008-09-16 14:01 | スペシャルな事

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi