とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

天使、退院しました。

10月12日(金)の朝に胃捻転になり手術をした天使。
手術が成功し、16日(火)に退院できるでしょうと言われていましたが、予定よりも1日早く退院できました。

パパとママとさくらとしんちゃんと、おまけにじいじまで一緒にゾロゾロと病院へお迎えに行きました。
パパは天使の具合が悪くなってから手術が終わるまでずっと泣きながら心配していたので、元気な天使の様子を見てとても嬉しそうでした。

天使も元気に尻尾を振って喜んでいました。

お家に帰ってモーフィーと再会。嬉しそうでした。

普通に歩く事もできるようになり、餌も昨日から自分で食べています。胃にやさしい特別な缶入りの餌を病院から貰ってきたので、1日2回(1.5缶ずつ)食べさせます。

明後日病院へ連れていき様子を観てもらいます。手術から10日目くらいには、抜糸してもらえるそうです。
入院中、ケイジの中ではトイレをしたがらなかったので、病院のまわりにお散歩へ行きもう歩くこともできます。


今回、天使が胃捻転になり、私自身沢山の事を学びました。
胃捻転は、元気な健康な犬でも突然発症してしまいますし、素早い処置をしなければ死に至る可能性が高い大変危険な病気なので、犬を飼っている方に、胃捻転の事を知ってもらいたいと思いました♫  

胃捻転になった直後の天使の様子はこんな感じでした。
・しゃがみこんでしまう。
・胸が悪くなったように、何度か吐こうとするものの何も出ない。
・よだれや口の周りの泡がいつもより明らかに多い。
・力がない。
・お腹が膨らむ。
・数十分のうちに歩けなくなってしまう。
・お腹が痛かったのか、甘えるようになく。辛そうだった。

この他に症状で、病院で「胃捻転では?」と言われた症状はこんな感じでした。
・呼吸が早い。
・心拍が早い。
・歯茎の色が明らかに悪い(ピンクではなく、濃い紫色?)。


胃捻転は、大型犬に圧倒的に多いそうです。
予防としては、食事は1回に沢山食べさせるのではなく、1日何度かに分けて食べさせるといいようです。食後や水を沢山飲んだ後は運動をさせると胃が揺れて捻転を起こしやすいので、食後すぐには運動をさせないほうが良いようです。ちなみに天使は食事はまだとっていませんでしたが、多分階段で滑って身体を大きく捻らせた拍子に胃捻転が起きてしまったかも・・・!?

今回は、たまたま「私たちが家に居る時間に胃捻転が起き、直ぐに異変に気が付いてあげられた。ハズバンドに胃捻転の知識があった」ので天使が助かったと思います。もし私たちが留守の時や夜中に起きていたら、「とりあえず、朝まで様子を見て動物病院が開いたら病院へ連れて行ってみよう・・・」と思い、手遅れになってしまった可能性もあります。

胃捻転の予防法や、症状を知って少しでも多くのわんちゃんが助かりますように☆彡
[PR]
by Tenshiandmorphi | 2012-10-16 01:18 | 日常の出来事

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi