とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

帰っちゃったよ~

人気ブログランキングへポチしてね♪

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村







今朝早く、母と弟(たか)が日本へ帰ってしまいました007.gif
母と弟が滞在した11日間、とてもバタバタして忙しく記憶がちょっと飛んでます・・・。

まず、前回のブログでも書きましたが、ハズバンドが腎臓結石になりました。

お腹の激痛に襲われ、嘔吐。ERへ。
 ↓
ERで注射をして痛みを押さえ、飲み薬の鎮痛剤を処方してもらい家へ帰される。
 ↓
注射が切れてまた激痛に襲われ体をエビのように丸めてまたERへ。


なんと、5日間でこれを4回も繰り返しました。
ハズバンドがERで手当てを受けている間も、私は家に帰って母乳を搾らなくてはならないので病院と家を行ったり来たり。4回目も家に帰らされそうになりましたが、「また激痛に襲われるに決まってる。もう家に連れて帰るのは怖い。あんな激痛を何度も何度も経験するなんて、ハズが余りにも可哀想。」と医者に伝え、やっと1泊だけ入院させてもらう事ができました。

あとで分かったのですが、ERで処方してもらった飲み薬の鎮痛剤は結石には効かない薬でした。なんて事!?医者の勉強不足ですか?

やっと、やっと正しい薬をもらえたので、今は何とか痛みがやわらぎ家で身体を休めています。今日で9日目ですが、まだ石が体外に出ません。

そして、弟(たか)もカゼを引いてしまいずっと体調が悪かったので、どこにも観光に連れて行ってあげられませんでした。ごめんね。私がハズと一緒にERに行っている間、弟が沢山さくらと一緒に遊んでいてくれたそうです。

母は、家事をしたりさくらと遊んだり、そしてしんちゃんのお世話をしてくれました。さくらは、ばあばと一緒に寝るのが嬉しくてたまらなかったようです。ばあばったら、理由を見つけてはしんちゃんを抱っこして可愛がっていました。母と弟がいなかったら、この9日間を乗り越えられなかったに違いありません。

そんな慌しい日々でしたが、母と弟と過ごせて幸せでした。楽しい思い出もいっぱいあるよ。まず、母と親友(ききちゃん)のお誕生日パーティー。二人とも3月5日生まれです。
c0151122_11152570.jpg


渋滞に巻き込まれ、往復2時間かけてやっと手に入れた貴重なバースデーケーキさまもご登場(笑)。
c0151122_10563293.jpg


はい、そうです。アメリカでは珍しい生クリームケーキ(By La Baguette French Bread Shop)ですよ!それが・・・いざケーキにろうそくを立て、火を灯そうとしたらハズがまた激痛に襲われてしまったので、「自分達で火をつけて、ハッピーバースデーを歌ってケーキを食べてね。弟よ、頑張ってききちゃんと英語で会話してね。」と言い残して私はハズと一緒にまたまたERへ。

私の住む街で有名な物と言えば、バーベキュー。
c0151122_1119911.jpg


ハズと弟の体調が良い日に、みんなで有名店に食べに行きました。
c0151122_11183792.jpg


さくらがプリスクールに行っている間に、大人&ベビーでおしゃれランチもしました。
c0151122_11231416.jpg


そして、具合いの悪いハズと弟を家に残して、女3人で最後に無理やり意地で行った写真撮影。さくらに七五三の着物を着せたので、どうしても母と一緒に行きたかったので実現して感動♪
c0151122_11262473.jpg


計画していたように、観光や食事には連れて行ってあげられなかったけれど、母と弟と一緒に過ごせた時間があっと言うまで本当に楽しかったです。来てくれてありがとう~053.gif

今朝空港で二人を見送る時、さくらが「たかが行っちゃうよ~~007.gif ばあばに会いたいよ~007.gifとさくらが号泣しておりました。「ママ寂しい?泣かないでね。泣いたら、さあちゃんが良い子いい子してあげるからね。」なんて言っていたのに、あれ?いざとなったらさくらが号泣かい!?

二人にいっぱい遊んでもらい、可愛がって愛してもらい、きっとさくらが一番楽しかった事でしょう053.gif

[PR]
by tenshiandmorphi | 2011-03-08 11:58 | 日常の出来事

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi