とびきりLovely~アメリカ~

tobikirilo.exblog.jp

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆

勝手にベストセレクション~2008年~



←只今3位です。 いつもありがとう~

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ←大好きなブログ仲間がいっぱい。是非見てみてね。

今日も遊びに来てくれてありがとう~!






最初に謝らせて~~ごめんね
今日の記事はとっても長いです。最後まで読んでくれたら嬉しいなぁ~。


今日はお友達とコラボ記事で~す。
今回のコラボは、2008年に出会った感動についてです。
そして是非みなさんのお話も聞きたい!感動を分かちあいた~い

では、早速今回コラボをご一緒するお友達4人をご紹介!
お友達の記事も、是非読んで見てくださいね。私もみんながどんな事に感動したのか楽しみです。

☆ソーラちゃん(このコラボを切っ掛けにお友達になったソーラちゃんのブログは、美味しそうな食べ物、素敵な小物、アメリカ生活、映画情報などがたっぷり詰まっています。これからもっともっとソーラちゃんの事を知りたいな。)
わたし流アメリカンライフ ソーラの世界

☆Yukaちゃん(明るく元気いっぱいなYukaちゃんは、可愛い2歳児PUP君のママ。面白ブログに元気もらってます。)

マクルア家の日常

☆さりすけさん(燃える情熱、体育会系!4人の子供のママ。そんなさりすけさんがどんなことに感動したのか興味津々!)

家族6人犬一匹、ロッキー山脈ふもと生活

☆まーすぃーちゃん(カリフォルニアで3人の子供を育てています。いつも真っ直ぐそして熱心に子育てしているそんなまーすぃーちゃんが大好き!)

カリブリ!CaliBreeze♪



私の一年・・・・
無我夢中だった大学生時代、忙しかったアメリカでフライトアテンダント時代、そして妊娠出産を経験した去年とは違い、この一年は初めて妻として、そして母親としてゆっくりと自分自身と向き合えたと思います。
今までは誰かに守られてばかりいた自分が、今年は誰かを守る立場になれた・・・そんな年だと思う。


<私が今年感動した出来事>
それはさくらの満1歳のお誕生日を祝い、祖母と母が一升餅を作ってくれたこと。
祖母は58年前、私の父が生まれた時に親戚から頂いたという一升枡を使い、一升のもち米をはかってくれました。
c0151122_1336152.gif

昔・・・まだ砂糖を手に入れるのが困難だった時代、子供が生まれると市〔町?)から砂糖をもらえたそうです。祖母は、私の父が生まれた時、この一升枡をもってこれいっぱいに砂糖を貰ったそうです。

そんな思い出の一升枡を58年間大切に使ってきた祖母に感動・・・・
そしてその一升枡が58年もの年月を経て今年、さくらのお祝いの為に活躍してくれ事も、何とも胸が熱くなった。
c0151122_13364094.jpg

大好きな祖母二人の笑顔が本当に嬉しそうで優しくて・・・
この写真を見る度に泣きそうになる。
c0151122_13365412.jpg

グレーの洋服を着ている祖母は、86年間住んでいた故郷を離れ今年1月に遠く離れた札幌へ越してきた。年老いて一人で生活していくのが大変になってきたので、私の両親の側へ越す決意をしたのです。年老いた祖母にとって、故郷を離れるという事はどれほど勇気がいることだっただろうか?
「故郷を離れ、おばあちゃん寂しくないかな?北海道は寒くないかな?辛くないかな?泣いてないかな?元気かな?おばあちゃん頑張って!」・・・そんな事を毎日考えながら、ずっとずっと会いたかった。
だから祖母に会えて、祖母の笑顔が見れて・・・そして札幌で一緒にさくらの1歳のお誕生日を祝ってくれた事が本当に嬉しかった。
これが、私が今年一番心が温かくなり感動した出来事でした。



<私が今年一番心にぐっときた曲>
中 孝介の「花」
これは、2007年の曲です。彼の美しい歌声を聴いて自然に涙が流れてきた。
この曲を初めて聴いた時、「そうそう・・・私にも花のようにいつも側で見守ってくれた家族がいて、私はそのお陰でいつも強く生きてこれたんだ。」と思った。
守られてきた人生に感謝した。


今年、ハズバンドが仕事やプライベートの事で悩み苦しんでいる時期があった。
正直、ハズバンドはこの家族〔私とさくら)を本当に必要としているのか?
家族って何なのか理解しているのか?
・・・っと、私自身悩んでしまった。ハズバンドは、こんな自分ならいない方が私とさくらが幸せになれると思っていた。

「私はどこにもいかないよ。さくらもどこにもいかないよ。家族は絶対に消えない、裏切らない。」
・・・私が両親に教えてもらった事を、私も夫に言った。
夫にとっては、家族を信じることは凄く勇気のいることだったけれど、私の言葉を信じてくれた。

「花のように 花のように ただそこにさくだけで美しくあれ」
・・・そんな妻になろうと思った。そんな母になろうと思った。

夫やさくらが自分自身の事さえ信じられなくなったとき、私が声にして明日にたゆたう歌を歌おうと思った。

今まで守られてばかりだったけれど、これからは自分の命をかけて守るものができた・・・そんな一年だった。
夫も元気になりまた沢山の笑顔が戻った。幸せを受け入れる勇気をもってくれ、穏やかに一年を終えようとしている。



<今年私の心に残った言葉>
それはNHK大河ドラマ「篤姫」できいたこの言葉・・・

女の人生は一本道。一度決めたら後ろを振り返るは恥でございます。

今の時代は、女だから、男だからと言うのは余り関係ないかもしれない。
でも、一人の人間として強い意志と覚悟を決めて前に進む力を持つことは大切だと思う。
私はハズバンドと出会ってから後悔をした事がないし、これからも後悔はしない。

ハズバンドにプロポーズされた時、私は東京で就職が決まっていたし本当に悩み苦しんで何も手につかなくなった。もしこっちを選べばこうなるかもしれない・・・もしこっちを選べばこうなるかもしれない・・・そんな事を毎日考えていた。
でも、これからどんな事が起こっても後悔しない勇気が持てたから決断ができ、今こうしてハズバンドと一緒にいる。
後悔しないと決めた途端、怖い物がなくなったし生きるのが楽になったように思う。

篤姫をみてこの言葉を聞いた時、「そうよ、そうなのよ!思い出させてくれてありがとう!」と思ったし、これからもこういう生き方をしていこうと決めた。


2008年・・・今年は何かを無我夢中に頑張ったわけでもないし、これと言って大きな感動的な出来事があったわけでもない。でも、毎日小さな小さな幸せと感動の繰り返しだったと思う。今まで自分中心だった私に、本気で守りたいものができて、妻として母として成長できたのではないだろうか。
人と比べる必要は無い・・・でも、自分自身とは比べたい。来年の私は、今年の私よりどのくらい成長できているのかな?

皆さんにとって、今年はどんな年でしたか?
[PR]
by tenshiandmorphi | 2008-12-10 16:45 | スペシャルな事

アメリカ南部在住。2007年6月8日生まれの娘と、2010年12月26日生まれの息子がいます。                 ☆☆☆内容・写真の無断転載・転用を禁止します。☆☆☆


by Tenshiandmorphi